【6月16日】和菓子の日に読みたい『和菓子のほん』

6月16日は和菓子の日です。

西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元したという古例にちなみます。

「嘉祥の祝」は、疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれ、明治時代まで盛んに行われていました。

この『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。


  • タイトル:和菓子のほん
  • 文:中山圭子
  • 絵:阿部真由美
  • 出版社:福音館書店

春、夏、秋、冬、季節に合わせて作られる和菓子。

 その時期にしか作られない和菓子もあるそうです。 

「和菓子ごよみ」として1月から12月までそれぞれの月の和菓子が紹介されています。

後半では、和菓子の材料や作り方、デザインの解説なども載っています。

和菓子は奥が深いです。

季節の和菓子を、和菓子やさんに買いに行くというのは、素敵な習慣ですね。

憧れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA