【6月12日】アンネ・フランクの誕生日に読みたい絵本

「アンネの日記」の著者であるアンネ・フランクは、1929年の6月12日にドイツフランクフルトに生まれました。

13歳の誕生日に日記帳をもらったアンネ・フランクは、ナチスから身を隠す生活の中で、日記をつけ始めます。

どのように日記がかかれ、出版されたのかを描いたのが、『絵本アンネ・フランク』です。

  • タイトル:『絵本アンネ・フランク』
  • 作:ジョゼフィーン・プール
  • 絵:アンジェラ・バレット
  • 訳:片岡しのぶ
  • 出版社:あすなろ書房

アンネの日記がどのように書かれたのかがわかる導入のお話。

小学校や映画館、公共の施設から、何の罪もなく迫害されるアンネたちの様子が描かれます。

繊細なイラストがとても印象的。

この絵本を読んだ後は、きっと「アンネの日記」を読みたくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA