4月23日はサン・ジョルディの日

その日にちなんだ1冊を毎日ご紹介。

今日4月23日は「サン・ジョルディの日」です。

スペイン・カタルーニャ地方に古くから伝わる本と花の祭典です。

男性から女性には赤いバラを、女性からは男性には本をプレゼントする習わしがあるそうです。

スペインからの提案に基づき、ユネスコが「世界本の日」に認定しています。

日本では、2001年から「子ども読書の日」に制定し、子どもたちに読書を進める取り組みが行われています。

今日の一冊

  • タイトル:「やっぱりおおかみ」
  • 作:佐々木マキ
  • 出版社:福音館書店
  • 対象年齢:未就学児から大人まで

女性から男性に本をプレゼントすると聞いて、男性に贈りたい絵本ってあるかな?と思った時に、一番初めに思いついたのがこちらの絵本です。

あらすじ

ひとりぼっちのおおかみは、仲間を求めて、ぶたの町、うさぎの町、とさまよいますが、どこへ行っても仲間はいません……。今までの絵本にはない、斬新なテーマに取りくんだ意欲作。【出版社より】

「け」という一言(一文字)が、おおかみの思いを全て表しています。

「やっぱり おれは おおかみだもんな
おおかみとして いきるしかないよ」

おおかみが吐き捨てたセリフが、自分の気持ちを代弁してくれているようです。

なんだか清々しい気持ちになり、勇気をもらえる絵本です。

作者について

佐々木マキさんは、漫画家であり、イラストレーターであり、絵本作家。(男性です)

『ムッシュ・ムニエル』や「ぶたのたねシリーズ」など、ナンセンスで味わいのある絵本をたくさん描いています。

村上春樹さんの著書のイラストを多数担当していることでも有名です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA