4月15日はヘリコプターの日

その日にちなんだ1冊を毎日ご紹介。

イタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチは、1452年4月15日生まれ。

空を飛ぶ夢をもち続け、ヘリコプターの原理を考案しました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日にちなんで、全日本航空事業連合会が4月15日を「ヘリコプターの日」に制定しました。

ヘリコプターのことがよくわかる絵本はこちら。

『ヘリコプターはっしん!』

月刊かがくのとも 2019年6月号

作:小輪瀬護安

出版社:福音館書店

空中でホバリングするヘリコプターは、火事や道路渋滞の現場の上空でじっととどまり、地上を見つめることが出来ます。また、山小屋への荷揚げや人命救助などにも、小回りの効くヘリコプターは活躍します。ヘリコプターはその特性から私たちの命を守り、危機から救うなど、他の手段に代替不可能な役割を今日も果たしているのです。【出版社より】

ヘリコプターの仕事ぶりを描いた絵本です。

めったに乗る機会のないヘリコプター。

その細部を教えてくれるイラストはとても興味深いです。

山の上にある山小屋に荷物を運んだり、地上の様子を撮影するためにテレビ局のカメラを載せたり、災害時に人を救助したり。

ヘリコプターはいろんな場所で活躍しています。

かっこいいですね。

乗り物の好きな子には、特におすすめです。

「かがくのとも」は、

好奇心いっぱいの子どもたちに「見て」「考えて」「確かめて」「知る」楽しさを伝える月刊科学絵本。

植物や動物、モノ、現象など子どもたちの身の回りのことテーマに、ストーリー性を大切にして、子どもたちに伝えます。

かがくのとも50周年のサイトが楽しいです。

https://www.fukuinkan.co.jp/kagakunotomo50/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA