2021年は4月4日がイースター

その日にちなんだ1冊を毎日ご紹介。

イースター(復活祭)はキリスト教の春のお祭り。

「春分の日以降、最初の満月から一番目にくる日曜日」と決まっているそうで、2021年は今日4月4日がイースター。

日本でも、年々注目度のあがっているイベントかなと思います。

イースターを楽しむことのできるお話がこちら。

『たのしいまきばのイースター』

作・絵:ロイス・レンスキー

訳:佐藤淑子

出版社:徳間書店

古き良き時代の農場が舞台。

クラシックな雰囲気のお話です。

牧場の動物たちが、いつも世話をしてもらっている大好きな女の子アン=イライザに贈り物をしようと相談を始めます。

個性的な面々が、得意なものを持ち寄って、プレゼントを作ります。

 イースターの主役、イースター・バニーの白ウサギもやってくるのですが、なかなかのキャラクターで、その場を引っ掻き回していました。

作者は「スモールさん」シリーズでお馴染みの、ロイス・レンスキー。

レンスキーのかわいらしい挿絵が、カラーでたくさん楽しめます。

 絵本から児童書の移行期のお子さんにぴったりです。

ほのぼのとしたおしゃれなイラストなので、大人が読んでも楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA