4月2日はアンデルセンの誕生日

その日にちなんだ1冊を毎日ご紹介。

今日4月2日は、「おやゆびひめ」や「みにくいあひるの子」など、数々の作品を残した、デンマークの童話作家H.C.アンデルセンの誕生日です。

アンデルセンの誕生日にちなんで、全国際児童図書評議会(IBBY)が、4月2日を「国際こどもの本の日」に制定しました。

アンデルセンのお話がたっぷり楽しめるのがこちらのシリーズです。

『アンデルセン童話集1』

『アンデルセン童話集2』

『アンデルセン童話集3』

訳:大畑末吉

出版社:岩波書店

1「おやゆび姫」「みにくいあひるのこ」他11編

2「人魚姫」「マッチ売りの少女」他12編

3「赤いくつ」「雪の女王」他10編

アンデルセンは、「私が書いたものはほとんどが私自身の映像である」と『自伝』のなかで述べています。

アンデルセン童話は人生の縮図であるといわれる所以かもしれません。

作者の生きた波瀾の人生の一片が見える、切なくも美しい物語たち。

読む時期が違うと、また違った味わい方ができるかもしれません。

子どもにも大人にもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA