3月26日 京極夏彦さんの誕生日

その日にちなんだ1冊を毎日ご紹介。

今日3月26日は、小説家であり妖怪研究家の京極夏彦さんのお誕生日です。

今日の1冊は

『つくもがみ』

作:京極夏彦

絵:城芽ハヤト

編:東雅夫

出版社:岩崎書店

「京極夏彦の妖怪えほん」シリーズの1冊です。

「ものをそまつにするとばけてでるよ」と言われた男の子。

おじいちゃんに100年以上大事使っている道具を見せてもらいます。

「どうぐはにんげんよりも、ずっとながいきなんだよ」

そんな話をしていると、突然、ほうきやかさ やげたが追いかけてきます。

どうぐは100年も使ってもらえると化けるそうで。

そして、大事に使われるとうれしくて、踊りだすらしいのです。

おじいちゃんも男の子もつくもがみも、みんなで楽しく踊ります。

京極夏彦の妖怪えほんシリーズは、かなり怖い絵本もあるのですが、こちらはゆかいで楽しくほっこりするお話でした。

長生きしてつくもがみと踊りたいと思います。

大好きなおじいちゃんへのプレゼントにしても、良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA